1. ホーム
  2. 日本ヘルスケアリートの特徴
  3. ヘルスケア施設とは

ヘルスケア施設とは

ヘルスケア施設のタイプとその概要

本投資法人は、高齢化の進展、高齢者単身世帯及び高齢者夫婦のみ世帯の増加等に伴い、高齢者施設・住宅の需要は今後も増加すると考えています。このような考えのもと、本投資法人は、当面の間は、ヘルスケア施設の中でも高齢者施設・住宅を重点投資対象とします。また、高齢者施設・住宅の中でも、株式会社が運営可能であることから今後民間資金を活用した施設数の大幅な増加が見込まれ、社会的需要が高いと考えられる有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅を投資対象の中心とします。

ヘルスケア施設タイプ区分 概要
高齢者
施設・
住宅
有料老人ホーム 高齢者に対して、介護、食事、洗濯・掃除等の家事又は健康管理等の日常生活に必要なサービスを提供する施設(老人福祉施設、グループホーム等を除きます。)
  介護付 介護保険法上の特定施設入居者生活介護(特定施設)の指定を受けた有料老人ホーム
健康型 特定施設の指定を受けておらず、介護が必要になった場合に、契約を解除して退去することが必要な有料老人ホーム
住宅型 特定施設の指定を受けていない有料老人ホームのうち、健康型以外の施設(介護が必要となった場合、外部の介護保険サービスを利用)
サービス付き
高齢者向け住宅
住宅(面積・設備・構造)、入居者へのサービス及び入居者との契約に関する基準を満たす登録された賃貸住宅
その他の
高齢者施設・住宅
高齢者を入居・利用の対象としたその他の介護施設及び居住施設
医療施設 病院、メディカル・モール
その他 ライフサイエンス施設(バイオテクノロジー、製薬、医療装置開発等の生命科学産業に従事する法人又は個人が入居する施設)

高齢者施設・住宅の施設概要

高齢者施設・住宅の施設概要

(注1) 居室の水光熱費は、個別に水道事業者・電気事業者に支払う方法もあります。
(注2) 各取得資産並びに本投資法人が将来取得するヘルスケア施設は、上記の設備をすべて備えているものではありません。

高齢者施設・住宅のサービス概要

高齢者施設・住宅の施設概要

(注) 各取得資産並びに本投資法人が将来取得するヘルスケア施設は、上記のサービスをすべて提供しているものではありません。

介護サービス提供方法の違い

介護サービス提供方法の違い

(注) 各取得資産及び本投資法人が将来取得するヘルスケア施設は、上記のサービスをすべて提供しているわけではありません。

ページの先頭へ