日本ヘルスケア投資法人 2017年10月期(第7期)決算説明資料  

2017年10月期(第7期)の主要実績

2017年10月期(第7期)の主要実績を記載しております。

2017年10月期末のポートフォリオ全体の平均入居率は前期比2.9%上昇の89.5%となりました。いくつかの施設で入居率が伸び悩んでいましたが、入居が進みました。
2017年10月期には入居促進・安定維持を目的とした一部施設の内外装改修を実施しております。
2017年10月期のオペレーターの賃料負担力は1.5と、前期比横ばいで安定推移しております。

外部成長は、当期においては投資法人としての物件取得はありませんでしたが、スポンサーのブリッジファンドを活用し、100億円程度の物件を積み上げております。

財務については、23億円のリファイナンスを行い、返済期間の分散を実施、2017年10月期末のLTVは46.2%、固定比率は76.5%、平均借入残存期間は2.3年となっております。

5ページをご覧下さい。